「なろう採用」第1回開催レポート

エンジニア未経験からの挑戦

tech Compassでは、さる2020年6月27日土曜に、「異世界転生風」転職支援イベント「なろう採用」の記念すべき第1回目を、新橋はtechCompassの教室で開催しました。
そこで今回は、この「なろう採用」イベントについてレポートします。
果たして「なろう採用」とはどういった内容のイベントなのでしょうか?
「なろう採用とは?」と疑問に感じている方は、参考にしてください。

「なろう採用」第1回開催レポート

当初の予定は4月開催予定だった!?

「なろう採用」とは、「転生したらエンジニアだった件」というキャッチフレーズのもと、「エンジニアでキャリアップしたい」「ジョブチェンジをしたい」と心から願う転生志望の方向けのイベントです。

当初は、4月中旬に予定していたイベントなのですが、新型コロナウイルス感染拡大防止のための「緊急事態宣言」で開催が延期となっていたのですが、緊急事態宣言が解除になったことをうけ、2020年6月27日(土)にリアルイベントとして開催することになりました。
そのため、このイベントでは新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ目的として、10名以下の少数精鋭とし、イベント当日は

・手洗いの徹底
・マスク着用を必須
・アルコール消毒の設置
・こまめな換気
・入室時の検温チェック

といった可能な限りの対策を行いました。

「なろう採用」イベントでは応募が殺到

今回の「なろう採用」イベントは、主催・運営がtech Compass、企画がアドヴァンテージという形でスタートしたのですが、それぞれのサイトやSNSにて告知を行ったところ、予想以上に応募が殺到し、開催1週間前には応募を締め切らざるをえない状況となりました。
応募していただいた方、本当にありがとうございました。

ただし、スタッフとしては、応募された方たちの「期待に応えないといけない」という重圧がのしかかり、当日までは熱の入った議論と準備に追われることになりました。

「なろう採用」当日の雰囲気

当日は、3密を意識して間隔をあけた席の配置を行い、10名以下の少人数ではありましたが、終始和気あいあいとした雰囲気で始まりました。

前半は、まず、主催の「tech Compass」の説明から入り、次に「tech Compass」のサービス内容や転生するにあたって紹介できる企業などを軽く紹介しました。
すると、「もう少し詳細が聞きたい」など、積極的な質問が次々と寄せられ、熱気が徐々にあがっていきました。
参加者の熱い意欲に、スタッフもかなり真剣なモードに切り替わっていきます。

後半は軽食を取りながら、tech Compassの先輩エンジニアたちと「転生」をテーマにしたグループワークを開催しました。
そもそもエンジニアは、なかなか他社の仕事環境や他人の仕事の進め方などを知る機会が非常に少ない職業です。
そのため、今回のグループワークをとおし、「なかなか他人の思考を知る機会がないので参加出来て良かった」といった感想が相次ぎ、参加者の皆さんからは非常に高評価をいただきました。

また、コロナ対策として少人数で実施したため、一人の発言時間が長く、一人一人に対して深い話ができ、満足していただきました。

そして、イベントの最後では、エンジニアに転生するための具体的な案内を行い、今後の参考にしていただきました。

まとめ

第一回目の「なろう採用」ということで運営側も手探りの状況でしたが、イベント終わりの参加者のスッキリとした笑顔を見ると、大きな手ごたえを感じました。
今回のイベントをとおして、参加者の皆さんには「エンジニアでキャリアップをする」「ジョブチェンジをする」といった具体的なイメージが伝えられたかなと思います。
しかしながら、コロナ対策のため、少人数でしか開催できず、応募していただいたにもかかわらず、お断りをさせていただいた方も多数発生し、イベント主催者として非常に申し訳なく思っています。

そこで、「なろう採用」イベントを定期的に開催することが決定しました。
今まで参加できなかった方は、詳しい日時を下記サイトで確認し、応募してください。
https://tech-compass.pro/lp/BecomeEngineer

▼エンジニア転職「なろう採用」とは
https://tech-compass.pro/contents/challenge/vol31narou/

タイトルとURLをコピーしました