エンジニアの就職支援サービスとは?ハローワークとの違い

エンジニア未経験からの挑戦

エンジニアの就職支援サービスとは具体的にどういったサービスを行ってくれるのでしょうか?ハローワークとは具体的にどのような違いがあるのでしょうか?就職活動や転職活動を始めたばかりの方たちによく聞かれる質問です。そこで今回は改めて、就職支援サービスとハローワークとの違いをまとめてみました。

エンジニアの就職支援サービスとは?ハローワークとの違い

「とりあえずハローワーク」は正解?

エンジニアを目指す人が就職活動や転職活動を始めようと考えた時、まず最初に頭に浮かぶのが「とりあえずハローワーク」ではないでしょうか?
確かにハローワークは全国各地に拠点があり、誰でも利用しやすく、求人数も多いためメリットが多いように感じます。しかしながら、様々な問題点もあります。

まず、ハローワーク「中途採用」をメインにしているという点です。すなわち、実績重視で、エンジニアが未経験の人は書類選考がほぼ通りません。

また、ハローワークの就職支援を行っている相談窓口は、エンジニアという職種に特化しているわけではありません。そもそもハローワークは国が行っている機関のため、全業種を平等に扱わないといけません。平等に扱わないといけないということは、「各業種に特化した専門のアドバイザーがいない」という意味にもなります。そのため、ITのエンジニア職を希望しても、そのエンジニアの世界を知らない相談窓口の方も多く、時には全く的外れなアドバイスをしてきたりします。結果、希望の条件や会社を紹介されることもなく、「時間の無駄だった」ということがよく発生します。

さらにハローワークでは、一人一人に専任のアドバイザーがつくわけではないので、サポートの範囲は限定的です。基本的に自己申告制で、ハローワーク側から最適なお仕事を紹介してもらえることはほぼなく、すべて自分から主体的に動かないと就職することはできません。

こうしたことから、ハローワークを利用して良い場合は、経験が豊富でアドバイスが不要の方ということになり、20代でエンジニア未経験の人にはかなり不向きなサービスといえます。

エンジニア未経験の人には民間の就職支援サービスが最適

未経験のエンジニア職に就職や転職を考えている人、これまで一度も就職活動をしたことがない経験の人であれば、民間のエンジニア向けの就職支援サービスを利用するのがベストです。
特に、フリーターからエンジニアの正社員を目指して就職活動をしている人であれば、ハローワークよりも民間の就職支援サービスをオススメします。
オススメする大きな理由としては、一人一人に最適な専任のアドバイザーが担当となり、面接はもちろんのこと、就職後の相談にもキッチリと対応していることが挙げられます。

未経験のエンジニア職に就職するということは、未経験だけあって、誰しも不安になるもの。「こんなはずじゃなかった」「思っていたのと違う」というアンマッチが起こりやすく、せっかく就職できても早期退職することになってしまったりします。それでは、本人はもちろんのこと、企業側にも無駄な時間となってしまい、大きな迷惑をかけてしまいます。
民間の就職支援サービスでは、そうしたアンマッチを防ぐため、特に未経験者の場合は、しっかりとエンジニア業界のイメージや仕事のイメージをレクチャーしてくれます。

しかも、専任のアドバイザーは求人探しや面接対策、履歴書の添削まで、ありとあらゆるサポートを行ってくれます。このため、職歴に不安のある方でも、自分に自信を持って就職活動をすることができるようになります。
エンジニア経験がある方にとっては、多少うざっとく感じるかもしれません。しかし、エンジニア未経験の方にとっては、すべての不安を取り除いてくれるため、非常に心強い存在になってくれます。

これらのことから、例えば、20代で未経験でエンジニアの正社員を目指す方には、どこかの民間の就職支援サービスを利用することをオススメします。

しかしながら、一口に就職支援サービスといっても、さまざまなサイトやさまざまな企業が行っているものがあります。けど、ここではどこの就職支援サービスが良くて、どこが悪いということを語るつもりはありません。なぜなら、就職支援サービスにはぞれぞれの特徴があるからです。
そのため、エンジニア志望の人は、エンジニアに特化していることは当然とし、実績があり、実際に就職できた人がいるということが重要なポイントになってきます。そのポイントを押さえれば、一気に就職への道が短くなり、希望の条件や企業に就職することができることでしょう。

tech Compassの就職支援サービスとは

それでは、例えば、このページを運営しているtech Compass(テックコンパス)のエンジニア向け就職支援サービスとは、どういったサポート内容になっているのでしょうか?

まず、tech Compassは、エンジニアに特化した就職支援サービスを展開しています。
サポートしているプログラミング言語は、JavaとPHPがメインです。理由としては、汎用性が高く、プログラミングの基本がすべて詰まっている言語だからです。特にJavaをマスターしておけば、他のプログラミング言語にも応用でき、幅が広がりやすくなります。

【参考記事】Javaをオススメする理由とは|プログラミング初心者の方へ

次にエンジニアに特化した専門の就職アドバイザーが担当になりますエンジニア専門の就職支援サービスであるため、エンジニアの世界の内情にも詳しく、エンジニアの裏話なども聞くことができ、就職後のイメージが非常にしやすいです。
さらに現役エンジニアとの交流会もあり、基本、孤独になりやすいエンジニア同士で情報交換ができ、細かい悩みなども解決することができます。
(※実際に下記のとおり、tech Compassを利用して就職できた人の話も公開しているので、参考にしてください。)
【インタビュー記事】順調だったプロテニスの生活が突然終了!その驚きの理由とは

また、未経験の方限定となりますが、プログラミングの学習サポートサービスを実施しています。
通常のプログラミングスクールとは違い、実際の現場でよく使われるプログラミングを中心にレクチャーしてくれるため、より実践に即したプログラミングをマスターすることができます。
しかもその学習サポートサービスは、すべて無料。通常、お金を払って通わないといけないプログラミングスクールの授業とほぼ同等か、より実践に即したプログラミングの仕方が無料で学べ、無駄なコストが発生しません。
このため、独学で学んだプログラミングに不安を感じる方にはぜひともオススメします。これまで就職をしたことがない既卒や第二新卒、フリーターの方にとっては、tech Compassの就職支援サービスはメリットが多いと言えるでしょう。

最後に注意点としては、tech Compassの就職支援サービス東京都に特化している点です。仮に地方での就職や転職を考えている場合には、案件が全く紹介できないという結果になります。
そのため、東京で就職を考えている方のみ、利用すると良いでしょう。

まとめ

これまで職歴のないフリーターの方などが、エンジニアとして正社員で就職されると、社会人として知っておくべきビジネスマナーなどを教育されずに仕事をこなさなければならないので、前途多難です。せっかく就職できても会社で孤立してしまう可能性もあるでしょう。
その点、民間の就職支援サービスを利用すれば、面接時の入室方法や正しい敬語の使い方、挨拶のやり方や電話の受け方など、社会人として知っておくべきマナーを専任アドバイザーがアドバイスしてくれるため、就職後の不安が軽減します。
そのため、これまで面接や書類選考で落ちてきた人、就職活動を続けていて進展がない人は、ぜひ一度、民間の就職支援サービスを利用することをオススメします。

そして、その中でも仮に、エンジニアの世界に興味がある方がいらっしゃれば、ぜひ一度、下記のtech Compassの就活支援サービスを活用してみてください。登録から面談等もすべて無料のため、就職活動に加えておいて損をすることはないと思います。

「tech Compass」の就職支援サービス

タイトルとURLをコピーしました