エンジニア未経験からの挑戦

エンジニア未経験からの挑戦

若手エンジニアを支援・育成している社長が考えていること

若手エンジニアを支援・育成している企業の社長とは、どういった考え方や感じ方をしているの?とは、エンジニアを目指す人なら誰しもが気になるところです。 そこで今回は、多くの若手エンジニアを支援・育成しているコラボテクノ株式会社の社長・吉田光哉さんに話を伺ってきました。
エンジニア未経験からの挑戦

「しくじり採用」とは

テックコンパスでは、「しくじり採用」というものを始めました。これは優秀な人材を採用する新卒採用とは異なり、「しくじった人」を対象にした新しい採用方式です。それでは具体的に「しくじり採用」とはどういったものなのでしょうか?「しくじり採用」を始めたきっかけとは?詳しく説明していきます。
エンジニア未経験からの挑戦

若手エンジニアが感じる「やりがい」

"若手エンジニアが感じる仕事に対する「やりがい」というものを中心に、現役エンジニアの田代くんにインタビューしてきました。どうやら、その「やりがい」とはエンジニアという職業独特のもので、日常生活にも影響してくるそうです。 では、若手エンジニアが感じた「やりがい」とはどういったものなのでしょうか?"
エンジニア未経験からの挑戦

プログラミングスクールという進路は間違っていなかった

「プログラミングスクールという進路は間違っていなかった」と語ってくれた現役エンジニアの田代くん。 前回のインタビューでは、エンジニアの道に入った経緯と理由を語ってくれました。そこで今回は、幼少期から遡り、根本となる考え方からエンジニアになって感じたことまでを赤裸々に語ってくれました。
エンジニア未経験からの挑戦

機械工学科からITエンジニアへ

機械工学科からITエンジニアへ、進路を大きく変更した現役エンジニアの田代くん。通常、機械工学科で学んでいる学生たちは自動車好きだが、彼は別の理由で機械工学科を選択したとのこと。しかも、そこから、ITエンジニアへと大きく舵を切りました。では、なぜ、田代くんはそのような進路を選択したのでしょうか?
エンジニア未経験からの挑戦

古いプログラム言語は倒産のトリガーへ「2025年の崖」

古いプログラム言語は倒産のトリガーになる可能性が高いと叫ばれ始めています。いわゆる「2025年の崖」問題です。この「2025年の崖」問題により、日本は12兆円以上の大きな損失が発生するであろうという予測も発表されています。では、この「2025年の崖」とはどういった問題なのでしょうか?
エンジニア未経験からの挑戦

エンジニアの未来は女性が主役に

エンジニアの未来は女性が主役になる可能性が高いと、世界中で囁かれています。そもそもエンジニアの世界は男性中心の世界。しかし、調査によると、エンジニアは将来、女性が増加し、男性を上回るだろうと言われています。 では、なぜ女性のエンジニアが増加するだろうと言われているのでしょうか?
エンジニア未経験からの挑戦

エンジニアは未経験でも就職できる

「エンジニアは未経験でも就職できる」と力強く語ってくれた現役エンジニアの石川くん。しかし、未経験でも就職できるといっても、エンジニアにとって重要なあることを身につけないと活躍できないとのこと。 では、現役エンジニアが語った「エンジニアにとって重要なこと」とはどういったことなのでしょうか?
エンジニア未経験からの挑戦

エンジニアに向いている性格とは

エンジニアに向いている性格とは、どういったことなのでしょうか?その答えを明確に語ってくれたのが、エンジニアの石川くん。彼は経理や営業などを経験し、最終的にエンジニアを選択しました。では、その経験豊富な現役エンジニアが語った、エンジニアに向いている性格とはいったい何なのでしょうか?
エンジニア未経験からの挑戦

バス会社の経理からエンジニアへ

バス会社の経理からエンジニアになったという驚きの経歴をもった男性の話を聞くことができました。しかもどうやら、経理からいきなりエンジニアになったわけではなく、大学進学や一流企業への就職を経て、エンジニアになったとのことです。 では、なぜ、そのような経歴を経て、エンジニアを選んだのでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました